食べたあとに眠くなる原因

食べたあとに眠くなるのは酵素不足だから

眠い女性

食べたあとに眠くなることってありませんか。特に昼食を食べたあとに眠くなってしまう人って多いんじゃないかと思います。

 

あれって、体内のリズム的に眠くなるというのもあるんですが、実は酵素不足という原因もあるんだそうです。食事をすると体内の酵素は消化に使われます。すると、その時点で代謝にまわせる酵素は減るんですね。

 

そうなると、カラダの代謝機能が低下。つまりはカラダの活動が弱まることになりますので、それがあの眠さの正体だということなのです。

 

特に、炭水化物、タンパク質、脂質をたくさん摂ると、酵素を大量に消費するので、食後の眠気はひどくなります。

 

私もこれを知ってから、意識してみたのですが、
たしかに昼に牛丼とか唐揚げとか重いものを食べると、
食後にはかなり眠くなりますし、少し疲れが出てしまいますね。
お腹いっぱい食べたときなんて、それはさらに酷いものになります。

 

それに対して、昼食を少食にしてみたり、
サラダとおにぎり1つって感じのヘルシーなものにすると、
ほとんど眠くなることはありませんし、食後に疲れが出ることもありません。

 

これを知るまでは、あまり意識したことはなかったのですが、
実際、こういったことを理解してやってみると大きな違いがあるんだなって思いました。

 

もちろん、これは昼食だけにあてはまることではなく、
朝食や夕食にもあてはまることです。

 

食事後に何かを頑張らないといけないってときは食べ過ぎは禁物。
炭水化物、タンパク質、脂質を控えたヘルシーな食事にしたほうがいいでしょうね。

 

これだけで大きな違いを感じられるはず。

 

⇒酵素ドリンクのおすすめランキングはこちら
酵素ドリンクランキング