酵素 健康

健康のため酵素について気をつけるべき3つの視点

体のあらゆる動きに関係する酵素。
毎日元気に生活するためにも有効に働かせたいものです。

 

そのためには、食物などから「酵素をしっかり補給」しつつ、
できるだけ「無駄遣いせず」、「活性化させる」ことが大切です。

1.酵素をしっかり摂る

生食・発酵食品を食べる

熱を加えたものや加工食品には酵素が含まれていません。
酵素が含まれている生の食物や発酵食品を多く食べるようにしましょう。

 

そうすることで、食物そのものが持つ酵素が食べたものの消化を行いますので、
消化に使う体内酵素の量を節約できます。

酵素ドリンクやサプリメントを使う

現代社会において、生食や発酵食品をしっかり食べるのは大変なこと。
不足分を補うために酵素ドリンクやサプリメントで補うのは有効なことです。

 

食物の消化のサポートに使うため、
できれば食前に飲むことで高い効果を期待できるでしょう。

 

2.酵素を無駄遣いしない

毒素をできるだけ摂らないようにする

まず、タバコやアルコールは控えましょう。
どちらも多くの毒素が含まれているので、解毒のために酵素は大量消費されます。
さらに活性酸素を多く生み出してしまうので、
それを中和するために大量の酵素が必要となってしまいます。

 

加工食品も多く摂らないように心がける必要があります。
加工する段階で使われる多くの添加物を体内で処理するためにも酵素が使われてしまうのです。

便秘を防ぐ

便秘になると腸内に溜まっている老廃物からは有毒なガスが発生します。
それにより腸内環境が悪化して、酵素は浪費されてしまいます。

ストレスを減らす

ストレスは脳に大きな負担をかけます。
脳が働くことにも酵素は使われますので、
ストレスにより脳への負担が大きくなると酵素の消費量も当然増えてしまうのです。

食べ過ぎない

暴飲暴食は厳禁です。消化酵素が大量に消費されるだけではなく、
消化が間に合わずに消化不良を起こしてしまいますので、
それにより腸内環境が悪化し、さらに酵素を消費することになってしまいます。

 

3.体内の酵素を活性化させる

ビタミンやミネラルなどの栄養をしっかり摂る

現代人は酵素だけではなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素も不足しています。
十分なビタミンやミネラルがないと酵素はうまく働けませんので、
食事からだけではなく、サプリメントを併用することもオススメします。

 

酵素ドリンクは野菜や果物などを原料としていますので、
酵素だけではなく、様々な栄養素が豊富に含まれているのがいいところですね。

体を温める

酵素が一番活性化するのが37度前後といわれています。
体を冷やしてしまうと、酵素がうまく働かず、免疫力が低下してしまいます。
体をできるだけ暖めて、酵素を元気に働かせましょう。

水を多く飲む

水を多く飲むことで、血液の流れがスムーズになり、
体内の毒素や老廃物をすばやく排出することができます。
そうすることで、体内の酵素は活性化するだけでなく、
腸内細菌も活性化するために、体に大きな良い影響を与えることができます。

規則正しい生活をする

不規則な生活をしていると、体には大きな負担がかかります。
体に負担がかかるということは、酵素も多く消費するということです。
規則正しい生活を送ることによって、体への負担は少なくなります。

 

⇒酵素ドリンクのおすすめランキングはこちら
酵素ドリンクランキング